会社概要

社名 梅田工業株式会社
所在地 本社工場 〒361-0056 埼玉県行田市持田2662番地
TEL:048-553-3191(代表)
FAX:048-553-3193
設立 1957年7月
資本金 5000万円
事業内容
  • 半導体製造装置・スイッチング式電源・計測器等機構部品製造
  • 精密板金
  • 機械加工
  • コンピュータシステム開発
社員数 63名
決算期 6月(年1回)
第四北越銀行熊谷支店
  • 第四北越銀行熊谷支店
  • 八十二銀行熊谷支店
  • 武蔵野銀行熊谷支店
  • 本社工場 土地:6,437m2
    建物:3,146m2
    グループ会社 高杉マシンテック株式会社 ※ISO9001・14001認証外

    アクセスマップ

    梅田工業株式会社 アクセスマップ

    電車でお越しの場合

    • JR高崎線「熊谷駅」にて、秩父線羽生方面にお乗り換え後「ソシオ流通センター駅」にて下車。秩父線「ソシオ流通センター駅」より徒歩12分。
    • 東武伊勢崎線「羽生駅」にて、秩父線熊谷方面にお乗り換え後「持田駅」にて下車。秩父線「持田駅」より徒歩14分。

    お車でお越しの場合

    • 東京方面からお越しの場合

    17号BP 持田インタを降りて128号を熊谷方面へ進み最初の信号を右折。

    秩父線線路を直進後、次の5差路を右折し、17号バイパスガード下を越えたところにあります。

    • 高崎方面からお越しの場合

    17号BP 持田インタを降りて128号を久喜・加須方面へ進み最初の信号を左折。

    秩父線線路を渡り100mほど直進し左折。17号バイパスガード下手前にあります。

    沿革

      
    昭和22年 3月 埼玉県熊谷市にてモーター変圧器の設計・製作・販売を主体として創業
    昭和31年 6月 プレス部品製造開始
    昭和32年 7月 資本金60万円にて有限会社梅田製作所を設立 板金加工開始
    昭和32年 9月 プレス金型の製作開始
    昭和45年 8月 資本金120万円に増資
    昭和48年10月 資本金500万円に増資
    昭和49年 6月 梅田工業株式会社に社名、組織変更
    昭和56年 5月 行田工場建設、移転し、増産体制を拡充
    昭和58年 9月 資本金1,000万円に増資
    昭和59年 5月 新工場設立用地取得
    平成元年 3月 新本社工場完成、移転
    平成 7年 4月 生産管理システム開発部創部
    平成 7年 6月 資本金US$500,000にてインドネシア工場設立 (PT.UMEDAKOGYO INDONESIA)
    平成 8年 6月 インドネシア工場生産開始
    平成10年 7月 中小企業創造活動促進法認定企業に指定される
    平成11年 3月 財団法人埼玉県創造的企業投資育成財団より投資受ける
    平成11年 3月 株式会社ぶぎんキャピタルより投資受ける
    平成12年10月 インドネシア工場 US$1,100,000に増資
    平成13年 6月 インドネシア工場増築完成。 4,898㎡になる
    平成13年 9月 資本金 5,000万円に増資
    平成16年 8月 第二工場新設。金型・機械加工部門移転
    平成18年 1月 マイクロソフト・インキュベーションプログラムによる 埼玉県チャレンジ・ITベンチャー支援プログラム選定企業に指定される
    平成18年10月 ISO9001取得
    平成19年 1月 マイクロソフト・インキュベーションプログラムによる 埼玉県チャレンジ・ITベンチャー支援プログラム選定企業に2年連続指定される
    平成19年 3月 ISO14001取得
    平成19年 6月 彩の国エコアップ宣言に参加
    平成22年11月 インドネシア工場 拡張増築 土地: 16,781㎡ ( 5,085坪 )、床面積: 12,802㎡ ( 3,880坪 )
    平成23年 7月 地球温暖化対策計画書の公表を開始
    平成25年 6月 PT.UMEDAKOGYO INDONESIA 株式売却
    平成25年10月 PT.UMEDA FACTORY INDONESIA 設立・生産開始
    平成27年11月 埼玉県経営革新計画企業に認定される
    平成29年 7月 グループ会社 高杉マシンテック株式会社設立